特色ある教育
    ホーム>施設・サービス>高大連携センター

    高大連携センター

    高大連携センターの事業目的と部局目標

    濱名山手学院教育ミッション


    新たな学院は、「『他者を尊重しつつ、主体的・能動的に自らの人生を切り拓く』ことができる人間を世界に送り出すこと」をめざします。具体的には、「Communication(対話、伝達)、Consideration(熟慮、考察、思いやり)& Commitment(参画、貢献)」を価値基準とし、この“3つのC”を実行できる人間の育成を「濱名山手学院教育ミッション」とします。

    〇他者を尊重しつつ、主体的・能動的に自らの人生を切り拓くことができる人間を世界に送り出すことをめざす  ………………………………主体的な学習者の育成


    〇具体的には、“3つのC”<Communication(対話、伝達)、Consideration(熟慮、考察、思いやり) & Commitment(参画、貢献)>を実行できる
    ………………………………主体的な学習者の要件

    高大連携センターの事業目的

    (他者を尊重しつつ、主体的・能動的に自らの人生を切り拓くことができる人間を世界に送り出すことをめざし、具体的には、“3つのC”<Communication(対話、伝達)、Consideration(熟慮、考察、思いやり)& Commitment(参画、貢献)>を実行できるようにするという)濱名山手学院教育ミッションに基づいて、高校生が主体的な学習者に成長することを図る高大接続・連携事業を展開する。

    高大連携センターの部局目標

    ◆部局目標(1) 神戸山手女子中学校・高等学校の教育改革と生徒募集に対する支援

    次期学習指導要領に示された「探究」を軸とする教育課程の実施により主体的な学習者を育てるための教育改革と、円滑な生徒募集に向けて、多面的な支援を行う。

    ◆部局目標(2) 従来から行ってきた連携事業に対する評価と今後の展望

    主体的な学習者を育てるために、それぞれの連携の目的を明確化し、それに基づいて評価を行い、望ましい高大連携を実施する。評価規準の設定、キャリア教育の支援・推進等。

    部局目標(3) 関西国際大学にとって意味のある高大連携の検討と実施

    主体的な学習者の育成を目標として、高大の関係者が研究協議する機会や、高校生・高校教育関係者等が交流できる場を提供することを通して、関西国際大学の教育活動について高校生・高校関係者の理解を深める。

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.