特色ある教育
    ホーム>学部・学科>国際コミュニケーション学部英語コミュニケーション学科>最新情報> 【国際コミュニケーション学部】〈文化人類学コラム〉万国共通ではない「定食」の概念

    【国際コミュニケーション学部】〈文化人類学コラム〉万国共通ではない「定食」の概念

     

    【2020年10月28日】

    海外のレストランに行って気づく面白いことがあります。料理の味付けが日本と違って少し甘すぎたり(フィリピン)、あるいは、辛すぎたり(中国)することだけではありません。アメリカのように、ステーキのサイズが日本よりもはるかに大きい、ということだけでもありません。「定食」という概念が意外と海外にはない、ということです。


    例えば、イタリアのベネチアであるレストランに行った時、料理を注文しようとしたら、メニューさえありませんでした。そこで、ウェイトレスの人に、メニューはないのか尋ねると、「私がメニューよ、何でも欲しい料理があったら言ってください」と言われました。そこで、自分が食べられる物、食べたい物の希望を伝えると、私のために特別にアレンジしたリゾットが出てきました(写真)。周りの客をみると、みんな同じように注文していました。


    海外では、ベジタリアンなど食事制限のある人は、たくさんいます。また、自分が食べたい物の希望をウェイターやウェイトレスに率直に伝える人もたくさんいます。だから、ウェイトレスとこのように交渉して、自分の希望に近い料理にしてもらうことはよくあります。


    そうしたことが日常茶飯事の海外の人が、日本のレストランの「定食」をみたら、「何で最初から中身が決まっているのか」と言ってびっくりされます。例えば、私のアメリカ人の知り合いが日本に来た時、ハンバーグ定食とトンカツ定食をみて、「ハンバーグ定食のポテトはいらないから、トンカツに変えて欲しい」とウェイターに希望を述べていました。そうした交渉に慣れない日本人ウェイターは、とても困った様子でした。海外の人の中には、日本の「定食」という概念が、柔軟性に少し欠けている、と思われることも少なくないようです。


    本学で学べる文化人類学では、こうした細かい文化の違いについても深く学びます。ぜひ一度授業をのぞきに来てください。


    01.jpg

    イタリアのレストランで特別に作ってもらったリゾットを食べているところ

    国際コミュニケーション学部 准教授

    清水 拓野

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.