特色ある教育
    ホーム>学部・学科>国際コミュニケーション学部英語コミュニケーション学科>最新情報>【国際コミュニケーション学部】英語学習中のみなさん

    【国際コミュニケーション学部】英語学習中のみなさん

     

    【2021年6月22日】

    英語学習中のみなさん。

    英語の学習は、1にも2にも英単語、と言われますが、実際にたくさんの英単語を覚えるのはなかなか大変ですよね。そんな悩みに「英単語を覚えるときは語源とあわせて覚えると効率が良い」と教わったことがある人も多いのではないでしょうか。


    例えば、portは、もともと「運ぶ」の意味のラテン語です。
    電化製品で、ポータブル〜〜といえば、「port(運ぶ)able(できる)」で「持ち運べる」という意味ですね。「port」だけで使うと「港」の意味がありますが、これはもちろん、港が人や物を「運ぶ」ところだからですね。

    ホテルのポーター、は、荷物を「運んで」くれる人。

    「import」は、in(中へ)+port(運ぶ)=輸入する。
    「export」は、ex(外へ)+port(運ぶ)=輸出する。
    「reporter(レポーター)」も、情報をport(運ぶ)人、ですよね。

    と、こんな具合です。


    ただ、語源を理解することは、単語を効率よく覚えるだけでなく、その国も文化や歴史を理解するのにも大いに役立ちます。

    例えば、アメリカのGeorgia (ジョージア)は、イギリス王、ジョージ2世から名付けられました。New York(ニューヨーク)も、これまた、イギリスのヨーク公から。ちなみに、このニューヨークは、以前は、New Amsterdam(ニューアムステルダム)という名前でした。アムステルダムは、ご存知の通りオランダの地名。

    すなわち、もともとオランダが支配した土地を、イギリスが占領して、自分たちの王様の名前(ヨーク公)に変えたんですね。
    オランダは、イギリスから土地を守るために大きな壁(wall)を建てました。
    これが今でもWall streetとして残っています。


    もちろん、地名だけではありません。temple(お寺)は、timeと関係しています。なぜか?お寺は鐘を鳴らしてtime (時)を知らせてくれたからです。

    salary(給料)は、salt(塩)と関係しています。昔は塩が給料として支払われたからです。


    言語を学べば、その背後にある歴史や文化も大いに学ぶことになります。単語をたくさん覚えるのは確かに辛い、ときもあります。そんなとき、ぜひ辞書をひいて、その語源も調べてみてください。
    暗記が楽しくなること間違いなしです。


    国際コミュニケーション学部長 教授 伊藤 創

    ⇒国際コミュニケーション学部 英語コミュニケーション学科ページ

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.