特色ある教育
    ホーム>学部・学科>経営学部経営学科>最新情報>【経営学部】< 経営学コラム >『学生がつくる遠隔授業の魅力』

    【経営学部】< 経営学コラム >

    『 学生がつくる遠隔授業の魅力

     

    【2020年7月15日】

    • 新型コロナウイルス感染症対策のため、関西国際大学の2020年度春学期は、4月23日からほぼZoomによる遠隔授業でスタートしました。

    • これまでとは勝手が違い、授業初回は学生も私も不慣れで、内容に入るまでに20分以上も費やしました。また、慣れてきた最近でも拭い去れないのは、教室を見渡せないもどかしさ。場を共有するからこその距離感、問いに反応があるまでの間合い、そして全体の空気などをつかめないことに焦りを感じます。

    • 一方で、慣れてくれば学生はアクティブラーニングで手際の良さをみせてくれます。

      三木キャンパス経営学科3年生のゼミでは、新型コロナウイルスに関わるマネジメントを題材に、11人が各省の大臣になりきり、今後の重点対策について記者会見形式の質疑をするというロールプレイングを行いました。

    online_kaigi_suit_man.jpg

    • 誰がどの省の大臣を担うかを決めるにあたり、私が期待していたのは、学生がテーマにおける各省の役割を把握し、得意や関心を勘案して分担を合意することでした。そのため、学生同士の自由な議論にと、30分を充てたのです。

    しかし、実際にかかったのはわずか5分。学生は、LINEのあみだくじ機能を使い、分担して省名を調べ、読み上げ、入力し、運を天に任せてたちまち役割を決めたのでした。

    仕掛けたつもりの学びのプロセスは不発に終わりましたが、その後も学生は、画面共有により速やかにプレゼンを交代し、チャットで意見をコメントし、疑問はその場で検索して解消するなど、静的にみえて実にアクティブです。

    • また、授業「コミュニティ防災」の災害とジェンダーについて考える回では、異なるキャンパスの学生が混在するグループセッションを行いました。

    学部や専攻が違えば、視点もさらに多様になるためか、「結論が全く逆だったり、同じ結論であってもその理由が異なったりすることに驚いた」という発見のコメントは、例年よりも多く見受けられました。

     

    コロナ禍という新たな環境において、学生は早くも新たな学びの「リズム」や「場」を築き、感じ取っているようです。

    【 経営学部 経営学科 田中 綾子 講師 】

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.