特色ある教育

    三木キャンパス


    看護グローバル専攻

    保健医療学部グローバル対談

    海外研修を通して医療現場での国際化に対応した看護力を養う

    現在は、医療の現場でも国際化が進んでいる時代。そうした社会的ニーズに対応する看護師を養成するため、海外研修への参加を通してグローバルな視点を養い、異文化への対応能力を磨きます。

    卒業後のめざす進路

    ●病 院 / 助産所 / 保健所

    ●訪問看護ステーション

    ●市町村保健センター

    ●企業の健康管理部門

    ●福祉施設

    ●大学院進学等

    めざす資格・免許

    ●看護師国家試験受験資格

    ●助産師国家試験受験資格(※1)

    ●保健師国家試験受験資格(※1)

    ●養護教諭2種免許状(※2)

    ●防災士

    (※1)選択制 
    (※2)保健師の資格を取得し、要件を満たした場合、卒業後取得可能。

    看護学専攻・看護グローバル専攻共通の学びのポイント

    ◆看護専門職者としての人格形成

    看護専門職者は、学問的知識や技術だけでなく、誠実で感受性や共感性を備えた人物であることが求められます。患者や教員・学生同士など、さまざまな人たちとのかかわりを通し、看護専門職者としてふさわしい人格形成ができるよう支援します。

    ◆患者やその家族とかかわり看護実践の喜びを知る

    看護実践の対象者は患者やその家族であり、援助を必要とする人たちです。そうした人たちにかかわり、支援できる喜びを積み重ね、看護専門職者としての自覚とやりがいを学んでいけるようサポートします。

    ◆1年生から国家試験合格までの計画的な学修

    1~4年生まで、看護専門職者として必須となる科目を効率的に履修するカリキュラムになっています。4年生は各自が、統合看護実習と卒業研究、そして国家試験受験に備える時間を計画的に取れるように調整しています。

    看護グローバル専攻の学びのポイント

    ◆看護専門職者として必要な異文化対応能力を身につける

    外国人旅行者・移住者の増加に伴い、病院・医療機関にも外国人患者が増えており、異文化への対応力や語学力を備えた看護師が求められています。看護グローバル専攻では、3年生の後期に実施される海外研修への参加を通じて、アジアの発展途上国等における看護および保健医療システムの理解を深めていきます。多様な文化的背景を持つ患者や住民に対して、効果的なケアを提供するために、異文化対応能力の向上をめざすとともに、国際看護および保健に関する関心を高めます。

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.