特色ある教育

    教授 友枝 敏雄 (Toshio Tomoeda)

    所属学部 社会学部 社会学科
    専門 理論社会学、社会変動分析


    ToshioTomoeda.jpg

    主な担当科目

    「社会学基礎Ⅰ」「社会学基礎Ⅱ」

    ico_Q1.png

    現在の研究テーマ(または専門分野)とその専門分野を志した理由・きっかけを教えてください。

    高校時代、社会科の科目(「世界史」「日本史」「地理」「現代社会」「倫理」「政治・経済」)はすべて好きでした。歴史を勉強したいと思い、文学部に入学しましたが、そこで「社会学」という学問と運命的な出会いをしてしまい、社会学の研究者という職業を、一生の仕事にしました。


    第二次世界大戦終了からすでに75年経っています。75年間に日本社会はどのように変化したのかを研究しながら、これからの日本社会や世界社会がどうなっていくのかを、少しでも明らかにできればと思っています。

    したがって現代社会で起こるさまざまな現象については、いつも好奇心をもってながめています。たとえば「なぜネット上で炎上が生じるのか」「なぜイジメが起こるのか」「AIやロボットが普及したら、働き口がなくなるのか」「人口減少が続くと、30年後の日本はどうなるのか」といった問いについて、考えています。


    このように社会の動きを観察しながら、「現代社会を生きる上での知恵」や「他者と共存する知恵」を、皆さんとともに、獲得することができればいいなと思っています。

    ico_Q2.png

    プロフィール

    熊本県で生まれ、小学校・中学校・高等学校時代は広島県で過ごしました。その後、東京、福岡、大阪で生活してきました。生活してきた土地の言葉を習得しましたので、自分の日本語が、標準語なのかどうか、いつもわからなくなっております。関西弁は流暢(りゅうちょう)に使えません。

    ico_Q3.png

    高校生へのメッセージ

    校・大学というのは、「大人への入口」であり、「大人になるための成長期間」です。ですから、「友だちづきあい」ができること、勉強をきちんとすること、部活に取り組むことが大事です。こう書くと、皆さんの多くは「何だ、あまりにも当たり前のことではないか」と思い、このアドバイスが心にひびかないかもしれません。

    けれども、人間として「当たり前のこと」を普通におこなうところから、人間の営みがはじまります。普通の人間の営みのなかから、新しい発見・発明、さらには社会に大変動をもたらすイノベーションが生まれるのです。

    ico_Q4.png

    講演・取材など協力可能なテーマ

    ・戦後日本社会はどのように変化してきたのか

    ・将来社会を構想し実現するための考え方

    ・社会において正義は実現可能か

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.