特色ある教育

    教授 吉村 啓子 (Keiko Yoshimura)

    所属学部

    教育学部

    教育福祉学科

    専門 心理学

    吉村啓子教授

    主な担当科目

    心理学概論Ⅰ、教育心理学、発達心理学、保育原理

    ico_Q1.png

    現在の研究テーマ(または専門分野)とその専門分野を志した理由・きっかけを教えてください。

    発達心理学が専門です。

    子どもの頃キュリー夫人の伝記を読み、科学者に憧れました。高校3年生の頃、理数系に進もうと思い、現役の時は化学系の学部を受験しましたが失敗しました。浪人した時、このまま数学Ⅲを勉強してもまた落ちるかもしれないと思い、文系に転向しました。文系の中でも数字を根拠に考えられる学問を探し、心理学に行くことを決心しました。


    その当時、心理学は文学部にあり、3年生から専攻に分かれるので、2年間は文化人類学、美学、社会学、フランス語など幅広く学びました。他の学問も面白く、心理学にするかどうか少し迷いました。しかし、実験もあり、エビデンスベースで考えられる心理学がやはり自分には向いていると思い、心理学にしました。


    心理学の中でも発達心理学に進む事になったのは、少し偶然です。博士課程の大学院生から3年生までの研究会があり、発達心理学研究会と社会心理学研究会に興味を持ったので説明会に行こうと決めていました。先に発達心理学研究会があり、そこで膨大な量の文献を渡され、「来週までに読んできて」と言われ、社会心理学研究会に行く時間が無くなってしまった、という感じです。


    今でも順番が逆であったら、社会心理学を専門にしていたのかもしれないと思います。

    ico_Q2.png

    プロフィール

    西宮で生まれ、育ちました。中高一貫の女子高でのびのびとバスケットボール部に打ち込みました。大学では帰宅部になりたかったので、テニスの同好会に入りました。今もテニスは続けています。


    大学卒業と同時に1年3ヶ月一般企業で働きましたが、心理学をもっと学びたくなり、大学院博士課程まで行きました。大学院生の頃は発達相談など、現場のアルバイトをしていました。


    この大学に着任したのは、2013年度です。それまでは短期大学の保育者養成校で20年ほど教鞭をとっていました。

    ico_Q3.png

    高校生へのメッセージ

    高校時代は部活でも、学園際でも何かに打ち込んでください。そこで出会った友人は一生の友達になると思います。

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.