特色ある教育
    ホーム>国際交流・留学>ACP(Asian Cooperative Program)>最新情報>【グローバル教育センター】ACPオンライン国際シンポジウム『 新型コロナウイルス感染症はどう社会に影響を与えたか、社会はどう変わるのか 』を実施しました

    【グローバル教育センター】ACPオンライン国際シンポジウム『 新型コロナウイルス感染症はどう社会に影響を与えたか、社会はどう変わるのか 』を実施しました

     

    【2020年9月25日】

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、世界中で2,600万人が感染し80万人以上が亡くなりました。各国は、都市の封鎖、店舗の閉鎖、企業の営業停止など、COVID-19の蔓延を防ぐために多大な努力を行っています。大学においては、講義の実施や地域社会での学習機会が制限され、海外プログラムはすべて中止という困難に見舞われています。


    こうした状況を受け、ACPコンソーシアム(ACP※)では 、加盟大学である関西国際大学とウタラマレーシア大学(マレーシア)が主体となって、9月22日、「安全・安心」、「大学教育と学生生活」をトピックスに、コロナ危機を世界共通の「学習課題」と位置づけた国際シンポジウムを開催しました。


    本シンポジウムは遠隔教育のノウハウを生かし、オンラインで実施されました。各国の学生、教職員70人以上がZoomで参加したほか、フェイスブック上でのライブストリーミング配信の視聴登録者は250人に上りました。


    シンポジウムは、ACPコンソーシアム議長の濱名篤関西国際大学学長による開会のあいさつから始まり、次に、関西国際大学、ウタラマレーシア大学、ガジャマダ大学(インドネシア)、アトマジャヤ大学(同)の専門家が「新型コロナウイルス感染症が与えた影響と今後の大学教育の在り方」というテーマで、それぞれの状況を報告しました。続けて、関西国際大学山手キャンパスの所在地である神戸市の谷口企画調整局長より「新型コロナ対応と今後のコロナ戦略」と題する特別報告が行われました。


    休憩をはさんだ後半では、関西国際大学、ウタラマレーシア大学、ガジャマダ大学、アトマジャヤ大学の学生代表がそれぞれの目から見た「新型コロナウイルス感染症による影響、生活環境の変化と対策」について、グループ発表を行いました。質疑応答のセクションでは参加の教職員から、他国の大学代表の学生に対して、「研究室の使用について、大学はどういった対応をしているのか?」、「困難に見舞われているコミュニティに対して、学生としてどういった貢献ができると思うか?」といった、コロナ禍における学生の生活や考えの実態について具体的な質問が相次ぎ、時間が足りなくなるほど活発な討議が行われました。


    最後にウタラマレーシア大学のリサーチ・イノベーション担当副学長Ayoib Che Ahmad博士・教授が各国の教職員・学生が集まって意見交換できたことの意義を述べ、閉会のあいさつを行いました。次回のACP会議は2021年の2月に予定されています。

    ※ ACP(Asian Cooperative Program):2014年11月に関西国際大学と東南アジア5カ国のトップクラス12大学が、グローバルネットワークを構築し、「安全・安心」なアジアの発展をマネジメントできる人材を育成することを目的として発足しました。現在、6カ国14大学が加盟しています。



    《 シンポジウム概要 》


    【 日時 】2020年9月22日(火祝)15: 30 - 19: 00 (日本時間)
    【 開催方法 】オンライン(Zoomとウタラマレーシア大学のフェイスブックからのストリーミング配信の併用)
    【 使用言語 】英語
    【 主催 】 関西国際大学、ウタラマレーシア大学(マレーシア)
    【 共催 】 ACPコンソーシアム
    【 後援 】 神戸市


    【スケジュール】

    日本時間 内容
    15:30-15:35 開会の辞・趣旨説明:濱名篤(ACPコンソーシアム議長、関西国際大学学長)
    15:35-16:15 【報告】新型コロナウイルス感染症が与えた影響と今後の大学教育の在り方:
    ウタラマレーシア大学、ガジャマダ大学(インドネシア)、アトマジャヤ大学(同)、関西国際大学
    16:25-16:40 【特別報告】神戸市の新型コロナ対応と今後のコロナ戦略:谷口真澄氏(神戸市企画調整局長)
    16:40-18:00 【学生発表】新型コロナウイルス感染症による影響、生活環境の変化と対策
    ウタラマレーシア大学、ガジャマダ大学、アトマジャヤ大学、関西国際大学
    18:00-18:10 まとめ・閉会の辞 :Dr. Ayoib Che Ahmad (ウタラマレーシア大学副学長)

    【参加者】

    Zoom参加者:計74名

    ゲスト  神戸市
    教職員 

    ウタラマレーシア大学、トゥンクアブドゥールラーマン大学(マレーシア)、

    ガジャマダ大学、アトマジャヤ大学、ランプン大学(インドネシア)、本学

    発表学生     ウタラマレーシア大学、ガジャマダ大学、アトマジャヤ大学、本学


    ライブストリーミング視聴の登録者:計250名
    アトマジャヤ大学、ランプン大学、イスラミック大学ラディン・インタン・ランプン大学(インドネシア)、マネジメントアンドサイエンス大学(マレーシア)、筑波大学、他




    Zoom画面の記念撮影


    01.jpg

    ウタラマレーシア大学のフェイスブック上の

    ストリーミング画面

    02.jpg

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0004 

    兵庫県神戸市中央区中山手通6丁目5番2号

    TEL 078-371-8000(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.